会員向けシルバークイリング技能認定講座

2022年 9月期生 新規募集スタート!

シルバークイリング

シルバークイリング は、数百年の歴史を持つペーパークイリング技法と銀粘土の組み合わせ。2016年、新しいクラフトアートが誕生しました!

細長い紙をくるくる巻いて様々なパーツを作り、それらを組み合わせて作品を作るクラフトアート「ペーパークイリング」。
ルネッサンス期の15~16世紀ごろ、イギリスやフランスのヨーロッパ教会の修道女が、当時大変貴重とされていた紙を使って宗教的用具を美しく飾るために始まったのが起源とされています。
このペーパークイリングと、焼きあがると金属になる銀粘土「アートクレイシルバー」の技法を組み合わせたまったく新しい純銀アクセサリーが「シルバークイリング ~Silver Quilling ~」です。

「シルバークイリング技能認定講座」は、カリキュラム作品の制作を通じてシルバークイリングの技術と新しいシルバークイリングアクセサリーの知識、技術が身につく講座。2016年からスタートした講座は新技法が盛り沢山!

「新しい技術を学びたい!」「新しいジュエリーを作りたい!」というかたには是非おすすめしたい講座です。
アートクレイの基本的なリング、ペンダントの制作から行いますので、「アートクレイもペーパークイリングもやったことないからできるか不安。」という方でも安心してご受講いただけます。

全4回で課題6作品を制作します。各種条件を満たすとシルバークイリング技能認定証を取得することができます。

課題作品 作品画像はクリックすると拡大します。
シルバークイリング LESSON1 スパイラルローズ
クイリングの基本技法をシンプルにモチーフへ展開。
クイリングの基礎から学びます。
シルバークイリング LESSON2 ティアドロップフラワー
クイリングの定番技法「ティアドロップ」を組み合わせて花を表現。
石をセッティングすることで紙では表現できないシルバーの世界を楽しみます。
シルバークイリング LESSON3 フラワーリング
クラフトパンチを使用し、モチーフを重ねることで
立体感を演出。
細かく切り込みを入れた花芯部分を組み合わせて花のデザインを追求します。
シルバークイリング LESSON4 バタフライペンダント
複雑な蝶の羽模様を複数の技法を組み合わせて表現します。
同じ模様を反転させて左右対称に作るのがポイントです。
シルバークイリング LESSON5 折りローズのピンブローチ
ペーパータイプを折ることによってボリューム感を持たせた作品。
計算された形状により驚くほど軽く仕上がります。
シルバークイリング LESSON6 ブーケブローチ
複数の技法を組み合わせ、それぞれ違う形状のパーツを1つの作品にまとめるテクニックを学びます。
資格取得の条件

① 全日程出席し、規定の課題を修得すること。
② カリキュラム6作品の完成。
③ 技能認定料30,000円(税込33,000円)の納入(第4回目)※1
④ やむを得ず欠席した場合は補講を受けること。※2

※1 上記技能認定料は、現金またはクレジットカードでのお支払いとなります。
※2 補講については別日程・別料金で受講していただきます。(補講費:税込6,600円/回)

参加費
(受講料/教材費)
¥59,523(税込¥65,475)
内訳: 全4回受講料・6作品教材費・テキスト代・シルバークイリング用道工具代
※別途、技能認定料がかかります。講座の
詳細につきましては資料をお取り寄せください。
支払方法 初回一括納入のみ
当日受付にて、現金又はクレジットカードにてお支払い下さい。
( JCB、VISA、DC、Master、Amex、DN )
日程
(全金曜日)
1回目:2022年 9月30日
2回目:2022年 10月28日
3回目:2022年 11月25日
4回目:2022年 12月23日
時間 10:00~16:00
講師 かとう あやこ先生
定員 10名
お申込み方法

申込みバナーをクリック後、「会員ページ」のログインパスワードをご入力ください。
テクニカル

または、アートクレイ工房まで直接お電話にて申込も可能です。
フリーダイヤル0120-937-112(繋がりにくい場合は042-367-6821)
※月~土曜日10:00~18:00(日・祝日は除く)
※最少開講人数に満たない場合は、開講を中止させていただく場合があります。
※特別講座のため、アートクレイ倶楽部プレミアム会員制度の特典は適用外となります。
※セミナー参加費無料券のご利用のご使用はできません。ポイント換算もありません。

講師のご紹介

かとうあやこ先生

2016年より、カルチャー教室や出張講座、カフェでの1DAYレッスン等を通じ、シルバーアクセサリー講座を開講。シルバークイリング、折り紙ジュエリーの技能認定講座を務めるなど、主にペーパータイプの銀粘土を使ったアクセサリー作りの魅力を伝えている。