25周年記念セミナー 飾り石の天然石ペンダント

アートクレイ工房25周年記念 2DAYSセミナー

関 普美先生 飾り石の天然石ペンダント 

 

「銀粘土×石留め」のスペシャリスト関普美先生によるアートクレイ工房25周年セミナーは、不定形の天然石にピッタリの石枠を作り、その石を引き立てるように飾りとなる石枠を連ねて配したペンダントを2DAYSで制作します。飾りとなる石枠に使う合成石はお好みのもので作れます。飾り石枠の配置や、石同士の色合わせも計算して作りましょう。

セミナーのポイント

・ メインになる天然石に飾り石を加えて魅力的に仕上げます
・ 天然石の石枠を粘土でピッタリに作る方法
・ メイン枠と飾り枠のロウ付け方法
・ 飾り石枠を連ねる石留方法

日程・時間 A日程:1回目:2021年8月28日(土) 2回目:9月25日(土)
B日程:1回目:2021年9月21日(火) 2回目:10月19日(火)
各日時間:10:00~16:00(お昼休憩あり)
講師 関 普美先生
定員 10名(※最小催行人数5名)
参加費 申込フォーム内に記載。
当日受付で現金またはクレジットカードにてお支払いください。
DC、VISA、Masterカード。
当日お渡しする教材 

■ アートクレイシルバー 10g 1個
■ 天然石 1個
■ オリジナル石枠ラウンドカット3㎜  2個
■ オリジナル石枠ラウンドカット4㎜  1個
■ 極小丸カン 1個
■ 合わせバチカン(小) 1個
■ その他消耗品

当日持参道工具 
各受講日にご持参いただく道工具 1日目 2日目
■ アートクレイシルバー ペースト・シリンジ(接着用)
■ グリーンノズル
■ シャープペン(濃い芯を入れてきてください)
■ 油目甲丸(大)ヤスリ(お持ちの方)
■ スポンジ研磨剤(赤・青・緑)
■ 10倍ルーペ
■ ローラー★
■ ヤットコ★
■ 中目ヤスリ・細目ヤスリ★
■ 中目甲丸(大)ヤスリ★
■ スチールスクレイパー★
■ デザインカッター★
■ プラゲージ(1.5㎜厚×2枚)★
■ プラゲージ(1.0㎜厚×2枚)★
■ ラップ・クッキングシート・ワークマット★
■ 溶き皿・細筆・水差し★
■ 爪楊枝・付箋紙★
■ ノギス
■ ボードクランプ(お持ちの方)
■ アートクレイシルバー粘土 5g程度 (石の幅が3㎝以上ある場合のみ)  
■ 電卓(スマホで可)  
■ 定規  
■ 油性ペン(極細)  
■ スパチュラ★  
■ 合成石ラウンドカット3㎜ 2個  
■ 合成石ラウンドカット4㎜ 1個  
■ 片切りタガネ(鏡面に磨いたもの)  
■ ホットクレイ(30g程度)  
■ ヤニゲタ(お持ちの方)  
■ 5分ロウ  
■ ロウ切りバサミ  
■ ブルーフラックス  
■ ロウ付け用ピンセット(お持ちの方)  
■ ガスボンベ(GB-2001)  
■ ダイヤモンドポイントセット  
■ エポキシ接着剤  
■ 磨きヘラ★  
■ ガスバーナー(GT-3000S)★  
■ ロウ付け道具一式(ステンレスバット、シリカボード、ハニカムブロック、ピンセット)★  
■オタフク槌(数に限りがあるため、順番でのご利用になります)★  

★印は工房で貸し出しができます。
※新型コロナウィルス感染拡大防止の為、消毒済のものをお貸出し致しますが、できる限りご自身でご準備下さい。

キャンセルについて

お申し込み後キャンセルされる方は、アートクレイ工房までご連絡ください。
アートクレイ工房でのアートクレイ倶楽部主催セミナー、特別セミナーについては「キャンセル料」は当面の間 免除とさせていただきます。
体調のすぐれない場合(発熱・咳等の症状)は受講を控えていただくようお願いします。
皆様の安全確保のため、ご協力をお願いいたします。

お申込み方法

★こちらのセミナーは、アートクレイ倶楽部の会員様のみお申込みいただけます。申込みバナーをクリック後、「会員ページ」のログインパスワードをご入力ください。
お申込の際は<感染症予防対策への取り組み>各事項をご確認いただけます様お願いいたします。

アートクレイ工房まで直接お電話にて申込も可能です。
フリーダイヤル0120-937-112(繋がりにくい場合は042-367-6821)
※月~土曜日10:00~18:00(日・祝日は除く)

※地域特別セミナーのため、アートクレイ倶楽部プレミアム会員制度の特典は適用外とさせていただきます。
※セミナー参加費無料券のご使用は出来ません。また、ポイント換算もありません。
※お申込締め切りは、各講座の1週間前までとさせていただきます。

講師のご紹介

関 普美 先生

信州大学教育学部美術科鋳金専攻卒業。
在学中より鋳金・彫金技法を使って作品を制作。
現在、アートクレイ工房本部府中教室にて講師を務める。
「KANON」主宰。
「ek  create」にて商品企画、デザインを手掛ける。