その他

2021作品展図録用の撮影様子

2021作品展図録用の撮影様子 をご紹介!

こんにちは!アートクレイ工房スタッフの石井です。
暖かくなったと思ったら寒くなったりと、気候の変動が忙しい毎日ですよね。
春の陽気のような晴天にだまされて薄着で出掛けると痛い目にあいます。もう少し寒い日が続きそうですので、油断して風邪などひかないよう、腹巻をしたりして乗り越えましょう。

さて、先月新宿のスペース・ゼロさんで開催させていただいた、
「第10回 アートクレイ工房本部 府中教室 作品展」&
「第2回アートクレイシルバーmeetsスワロフスキー・ジルコニア リングコンクール作品展」
に際しましては、出品者の皆様、ご来場いただいた皆様、ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました!!

作品展の総仕上げとなる作品図録を制作すべく、プロのカメラマンさんによる撮影を先日2日間かけて行いました。
スムーズに作業を進めるため全作品を出して並べ、ブラインドを下げて太陽光をシャットアウト。
さあ撮影開始です!

 

初日は、リングコンクール作品から。受賞作品から順に撮影が始まりました。
あ!そうそう、リングコンクール受賞作品の5作品は、3月末頃まで工房で展示しています!
訳あって展示会場に行けなかった方は、是非工房でご覧くださいね。

 

作品ひとつひとつの映り具合の確認と、折々に要望をお伝えさせていただきながら進んでいきました。

 

二日目は、府中教室作品展の作品撮影です。

 

シルバー撮影あるあるの一つ、作品にカメラが映り込む!
私たちもそうですが、皆さんも同じように苦労されているところだと思います。
カメラマンさんも色々なアイテムを駆使しながら、見事に撮影してくれました!

ということで、図録映え間違いなし!全作品の撮影が終了しました(^o^)/
作品は順次ご返却いたします。図録の完成をお楽しみに!