純銀製の折り紙オブジェ

アートクレイ工房 ワークショップ

ペーパータイプで作る 純銀製の折り紙オブジェ 

アートクレイシルバーシリーズ「ペーパータイプ」は、0.25mmという薄さで、長時間ひび割れすることなく、折り、曲げが自在にできるペーパー状の銀粘土です。もちろん焼成後は99.9%の純銀になります。
今回は、このペーパータイプを使用し、折り紙の要領で制作する純銀製のオブジェを作ります。


 

【 兜 】

【 鶴 】

初めての方でも折りやすい「折り鶴」 「兜」いずれかお好きなデザインを選び作ります。
新感覚の銀粘土「ペーパータイプ」を体験してみませんか?

ワークショップの流れ

① 折紙で折り方の予習、練習
② アートクレイシルバーペーパータイプで制作
③ 焼成(約50分) ~その他のアートクレイシルバーシリーズのご紹介~
④ 磨いて完成

開催日時 A:2019年1月28日(月)10:00~13:00
B:2019年1月28日(月)14:00~17:00
C:2019年2月19日(火)14:00~17:00
講師 吉原 秀和先生
定員 16名(※最小催行人数1名)
参加費 申込みフォーム内に記載。
当日受付にて、現金またはクレジットカードでお支払いください。(VISA、DC、MASTER)
当日持参品

工具類は工房でお貸し出し致します。手ぶらでご参加ください。

お申込み方法

★一般の方はこちらからお申込み下さい。

★アートクレイ倶楽部の会員様は、以下からお申込み下さい。
申込みバナーをクリック後、「会員ページ」のログインパスワードをご入力ください。

アートクレイ工房まで直接お電話にて申込も可能です。
フリーダイヤル0120-937-112(繋がりにくい場合は042-367-6821)
※月~土曜日10:00~18:00(日・祝日は除く)


アートクレイシルバーペーパータイプの特性を生かした技能認定講座もございます。

ペーパークイリングの技法と銀粘土の組み合わせ

「シルバークイリング技能認定講座」 ←クリック

 

 

立体折り紙アートでつくるジュエリー

 「折紙ジュエリー技能認定講座」 ←クリック

 

 

 

講師のご紹介

吉原 秀和先生
1972年広島県生まれ。多摩美術大学卒。
1999年からアートクレイシルバーの講師として活動を始め、油彩画や陶芸の経験を生かしたアクセサリー制作を行なう。
NHK「おしゃれ工房」などテレビや雑誌等で広く紹介され反響を呼ぶ。
技法の可能性を追求し、白磁と銀を組み合わせた表情豊かな作品を制作。
著書『キッチンで作る純銀アクセサリー』ブティック社、『ビーズ&シルバー』小学館など。現在は東京都府中市にある、アートクレイ工房のマネージャー。


 「純銀の折鶴プロジェクト」
広島出身のアートクレイインストラクター故 本間久枝 先生と広島で始めた「純銀の折鶴プロジェクト」は、原爆投下された8月6日を風化させないために、平和について考えるきっかけに繋げたいという想いから広島市民の方々を中心に、アートクレイシルバーのペーパータイプで折った折鶴に、平和へのメッセージを添えて折鶴を広島市へ寄贈。広島市長から8月6日の原爆の日の来賓者に平和へのメッセージとして配って頂くというプロジェクトでした。

「純銀の折鶴プロジェクト」について https://artclay.exblog.jp/28032035/