受講生の声(カラードジュエリー)

カラードジュエリー講座受講

福田泰子さん(左)
鈴木由紀さん(右)

カラードジュエリー

カラードジュエリー講座を受講したいと思ったきっかけを教えてください。

※鈴木さん=以下、鈴。福田さん=以下、福。
鈴:私は、昔からポーラセーツをやっていたのと、シルバーオーバーレイの資格を持っていたので、それを生かせるかなと思い受講しました。
白磁に絵具で直接描いたり、転写紙を利用して模様を付ける技術が面白そうだなと思いました。
福:私も同じような感じですが、特にガラスの課題作品(ねじり加工や転写紙の焼付)に興味があったので受講しました。

実際受講してみていかがですか?

鈴:先日初めてオリジナルのアレンジ作品を作りました。
今までやった課題作品を参考にしながら、手持ちの白磁に、課題で使用した絵具で絵付けを施し、銀の土台なども自分で作りました。
意外とできるもんだなと、オリジナル作品に生かすことが出来て嬉しかったです。
福:私は、課題作品を一つ一つしっかり仕上げていけるように頑張っています。

カラードジュエリー

カラードジュエリー講座は3時間の半日講座で、授業内では主に作品制作の工程やポイントを学ぶことに重点を置き、作品の仕上げ、完成までは各自のペースで進めるかたちとなっていますが、この受講形態に関してはどう感じていますか?

福:全部初めてやる課題ばかりなので、シルバーの土台制作の部分で躓くと追いつけなくなることもありますが、先生が丁寧に指導して下さるので必死でついていってます。
また、カラードジュエリー講座は、月曜と火曜の2クラス体制なので、急に予定でお休みした時も、振替受講が出来るのはいいと思います。

一番気に入っている課題作品はありますか?一番気に入っている課題作品はありますか?

鈴&福:課題5のガラスのねじり作品です。
福:写真や説明を聞いた時はとてもできないと思ったけど、やってみたらちゃんとできてうれしかったです。制作行程もおもしろかった!色々アレンジもできそうだし。
鈴:この講座でしか買えない限定教材も嬉しいですね。
特にモールドとかは、普通の銀粘土作品にも使えるし、もっといろんな種類をだしてくれたらうれしいです。

カラードジュエリー