受講生の声(七宝講座)

アートクレイ七宝講座
大久保 美栄子さん

七宝講座を受講したいと思ったきっかけはなんですか?

七宝は中学生時代のクラブ活動で少し経験をしていました。
アートクレイはテクスチャーをつけたり、鏡面やいぶしで仕上げることもできますが、それ以外の方法で自分の作品に色を差せたらいいなと思ったのがきっかけとなり七宝講座を受講しました。

七宝講座を実際に受けてみてどうですか?

講座では七宝の基礎を講師の好美先生が丁寧に教えてくださり、カリキュラムに沿って作品を制作していきます。
ただ、カリキュラムがあると言っても作品の土台は自由なので、私は土台に自分の好きな動物や植物のモチーフを取り入れて制作を楽しんでいます。
初めて自分のオリジナル作品に七宝の色を入れた時、作品が深呼吸をして「ふふっ」て笑ったように感じたんです!銀の世界に花が添えられて、鮮やかに彩られたようでした(笑)
月に1回、3時間の講座ですが、先生に七宝の技法を色々教えていただいて、自分のペースでひとつひとつ納得のいく作品を仕上げていくことができます。
そのようにして生まれた作品はとても愛おしく大切です。

七宝の魅力とは?

七宝の釉薬(絵具)の色はたくさんありますが、その中でも自分の好きな色があるんです。
自分の作品に七宝を施す際、色を重ねて重ねて、基本に無い色が生み出された時、繊細な色が出た時はすごく嬉しいですね。
失敗することもたくさんありますが、成功した時の喜びは大きいです。

七宝講座で学んだ技術はご自身の作品制作にどのように生かされていますか?

シルバーアクセサリーコンテストやアートクレイ工房作品展への出品を、1年に1回制作の励みとしていますが、講座で学んだ技法はその作品に生かせていると思います。
これは、という作品には七宝を合わせたいことが多いですね。
自分が表現したい世界はこれなんだなと。
これからも七宝を学びながら、自分の創作の世界を広げていけたらいいなと思います。