セミナー, ブログ

桜満開!新しいことはじめよう!春のセミナー祭り①

こんにちは!桜、満開ですね~!
アートクレイ工房の青柳です。
この週末はお花見に出掛けた方も多いのでは?
わたくしなんぞは、人ごみをさけ、近所の道端に咲くこじんまりした桜並木をめでながら
一人散歩しました♪
・・・?はい、1人でですが何か?寂しくなんかないですよ?
・・・1人だっていいじゃないか!
いやぁ気持ちのいい季節だ(泣)


そんな気持ちのよいこの季節は!
何か新しいことを始めようじゃないか!
こじつけじゃないか!
いいじゃないか!いいじゃないか!
NEWセミナーを4つご紹介します!

左上から時計回りに

中村るみ先生「ラリエットペンダント」
石戸節子先生「クリスタルフラワーのピンブローチ」
吉原秀和先生「950粘土でつくるスレンダーバングル」
倉田真紀先生「着せ替えアロマペンダント」

どれも個性的♪ぱっと見た印象、どれがビビビッときましたか??
それでは、さくっと(のつもりがいつもねっとりしてますが)ご紹介してまいりますよ~。

 

好きな長さでピタッととまる!着脱簡単!
中村るみ先生「ラリエットペンダント」
←クリックで詳細ページにとびます。

奥様、最近、ペンダントの後ろの留め具の付け外し、面倒ではないですか?
小さい引き輪だとなっかなかハマらず腕がつりそうになる、
かといって前に回して見ながらでも良く見えない、
それではマグネットクラスプならどうだって~と、これもちょっとした衝撃で外れてしまってあせることがある。
はい!全部当てはまった方、そうです貴方です、どうぞこちらへ♪
このペンダントはそんな方にこそ付けてほしいのです!

画像の矢印の部分、ここにシリコンのスライドパーツが埋め込んであり、
そこをチェーンが通っていて自由に長さを変えられ、なおかつ好きなところでしっかり止まる。
装着時は、一番長い状態にして、かぶる、そのあと好きな位置にチェーンの長さを変えるだけ♪

アレンジ作品例 粘土部分が変われば全く違うデザインに♪
細いチェーンなら2本とりにも♪こちらも素敵ですね。

楽ちん装着なのに、と~っても素敵♪
このペンダント着けちゃうと、他のペンダントに戻れませんよ~。

 

はい!続きましてはこちら!

春のフォーマルコーディネートのアクセントに
アメリカンフラワーの技法でつくる

石戸節子先生 クリスタルフラワーのピンブローチ 
↑クリックで詳細ページにとびます

これは何でできているのか・・・?UV樹脂ではこの立体感、透け感は出せませんよね?
はい、こちらはアメリカンフラワーという技法で作られています。ではアメリカンフラワーとは何ぞや?と。
長年ものづくりをやっている方ならご存知の方も多いのかもしれません。
アメリカンフラワーとはとても歴史のあるクラフト技法で、「ディップアート」とも呼ばれ、
ワイヤーとディップ液(液体合成樹脂)を使ってつくるクリスタルな輝きが魅力のアレンジフラワーなんです。
UV樹脂では難しかった立体感、軽く薄い造形が出来るのが魅力。

この透け感!立体感!軽いので薄手のニットでもOK!
こちらは表面に砂糖菓子のようなテクスチャーが。

セミナーでは、写真のピンブローチ、どちらか1点を制作します。
今回はアメリカンフラワーの技法をより楽しんで頂く為に、銀粘土部分は花芯部分にのみ使用。
アメリカンフラワーの技法だからできる、この透け感!この立体感!体感してみませんか?
これまで出来なかった新しい造形の道が開けるかも!

 

ん~!やっぱりどうしても伝えたいことが多すぎて今回もねっとりご紹介してしまいました。まだ2つしかご紹介出来てない!
長くなりすぎたので一端ここで一区切りますね。
倉田先生と吉原マネージャーの作品紹介はパート②にて!

みなさんにたくさんの「銀粘土×○○○」を楽しんで頂きたい!
青柳でした!